page_title25

診断によってB2カラーの他に、生活シーンで特に活用しやすい5つの自分だけのカラーを導き出すことができます。この5色を目的に応じて活用することで脳を活性化させることができます。
手帳、キーホルダー、時計、メガネ、ポーチなど、いつもどこかに必ず身につけるものにB2カラーが入ったものを使うことで効果を発揮します。

1. 情報に関わる色

人からの情報は時としてストレスとなって蓄積されます。現代社会におけるストレスは60%が対人関係から起こる事が文献で報告されています。情報が多様化され、人間の標準情報処理能力の3倍~5倍の情報が毎日入ってきます。その中には必要不可欠な情報も沢山含まれているので、情報判断能力を的確に保つために使います。

使用例

  • この色を、情報に関わるモノの色にお使い下さい。
  • 周りの人から良い情報を得られるようにするには、視線に入る身の回りのモノに使うようにします。

2. お金の流れを良くする色

最も大切なお金に関わる色です。お金は自らが大きく回してこそ、あなたの所へ大きくなって帰って来る性質を持っています。貯めることも大切ですが使ってこそお金の流れが良くなるのです。自らがお金を回すことで、大きく膨らんでいきます。この色の「お財布」を持つことで、お金の流れはスムーズになります。

使用例

  • この色を、お金に関わるものにお使いください。
    (お財布、小銭入れ、クレジットカード、キャッシュカード、通帳ケース、カードケース、家計簿、お財布の保管場所など)

3. アンチエイジングの色

良質な睡眠とアンチエイジングに関わる色です。間違った色使いは老化を進めてシミしわの原因を作ったり心の安定をも害します。
「良質な睡眠」「若さと美しさ」を維持するために、この色を取り入れて下さい。
寝具や肌着、下着の色に多用する事で、健全な「脳育」環境を創りだして心身共に若々しくすることができます。 女性用のふんどしが話題になっていますが、睡眠時に着用する事で実際に冷えの解消や骨盤安定、むくみの解消などの効果が期待できます。

使用例

  • この色を、睡眠に関わる布団カバー、シーツ、枕カバー、パジャマなどの寝具類。また肌に直接触れるもの。
  • 肌に直接触れる下着、腹巻など特にへそを中心とした下腹部にこの色を使うことはおすすめです。
  • おやすみ前に前頭葉から脳をリラックスさせるアイピローの色に使うことで「脳美容」にも有効です。

4. 心身の健康と食に関する色

心身の健康に最も大切な太陽からのエネルギーの吸収を食物から行うために大事な色です。
自分自身の健康と元気の源は「食」です。ただ何でも食べるだけでは役に立ちません。より効果的な食物選択に 、この色の食物を選択してください。食物の持つ色にも意味があり、太陽の光をたくさん浴びた健康な食物がより効果的です。野菜や果物は勿論、ドライフルーツの素色、漢方、ハーブ製品もあなた自身に効果をもたらします。素の色が近似色であると効果大です。

使用例

  • この色を、食に関わるものにお使いください。
  • この色の食べ物や、季節の果物ジュースは特に意識的に摂り入れてください。飲食以外にも視覚効果からも、この色があしらわれた食器、お弁当箱、ランチョンマットなどもおすすめです。

5. 心の安定と安心を築く色

心のブレや迷いをなくし安定と安心を築く色です。地に足を着かせるために目的を確立し、目標を達成する基礎を固める色です。 心の迷いは、「大きなミス」を誘発します。何事も落ち着いた判断と行動を遂行できるように、安定した精神状態を保つ効果のある色です。利用方法として特に有効なのは、左足の小指の爪にこの色のペディキュアをすることです。心が安定して集中力も増しブレと迷いをなくし安定した普段通りの行動ができます。また足の裏側が直接触れる、玄関マット、バスマットなどの色にもお勧めです。心のブレや迷いをなくして、目的を確立し目標達成をするために必要な色です。集中力が必要な時には特に役立ちます。

使用例

  • 左足の小指の爪にこの色のペディキュアをすることで心の安定と集中力の増加が期待できます。
  • 足の裏側が直接触れる、玄関マット、バスマットなどの色にもお勧めです。
  • この色を、足元に関わるモノにお使いください。
    (特に左足小指のペディキュアは、精神の安定と心のブレをなくし集中力アップ効果があります。特に靴下は短時間の休息時にもお勧めです。また、足の裏側が直接触れる、スリッパ、玄関マット、キッチンマット、バスマットなどにもお使い下さい。)

色の組合せ

基本の5色を組み合わせることで、様々なシーンでの効果を発揮します。

感創力養成 (お金の流れを良くする色 + 心身の健康と食に関する色)

感じたものを創造する能力。これは美、健康、愛情を手に入れるのに必要です。例えば、おいしいと感じた料理を自分で思い出し感じながら料理できる能力など。この「感じる」それを「創る」ことはあらゆる場面で必要です。特に異性との環境構築には重要です。この色を最大限に活用してください。
パワーストーンの色選びや宝石の色。スワロフスキーでのデコレーションの色にも最適な選択です。

美感力養成 (アンチエイジングの色 + 心の安定と安心を築く色)

毎日使うものはもちろんのこと、センスを問われる時、茶道・華道・舞踊の着物の色にもお勧めです。この色の食べ物や、季節の果物ジュースは特に意識的に摂り入れてください。女性らしさを相手に伝える時にもお勧めの色です。毎日使うハンカチの色には必ず使いましょう。
「女性らしさ」の値を表します。見た目の女性らしさだけではなく、振る舞いや言葉を発するタイミング、空気の流れを読む能力です。 男性は、美的センスやハツラツとした印象のために、ハンカチやネクタイなどの小物使いに取り入れたりするのをお勧めします。
色を交互にもしくはMixした色を、衣食住に関わるものにお使いください。

包容力養成 (心身の健康と食に関する色 + 心の安定と安心を築く色)

2つの色の花を部屋に飾り、その花を観賞し香りを感じる事で、あなたの脳自らが包容力を養成して優しさを心の中に育みます。婚活中の方は特に、お風呂に飾りゆったりとした時間を感じましょう。
包容力は脳の情緒的な部分から生れます。ここでいう包容力とは、それとは感じさせない自然な優しさのことです。 自然な振る舞い、しぐさのさりげなさが愛される女性に必要です。

ピックアップ記事

  1. ピンクは「おもいやりカラー」や「幸せの色」と呼ばれる
    この色を好む人は愛情深く穏やかで、細かい所に配慮が行き届く「…
  2. column6
    B2カラーを使ってくださっている方の中で研修会社を経営されて…
  3. column2
    B2カラーを活用していただいている人には様々な人がいますが、…